これはNGな5つのアイテム!50代が着てはいけない服とは?

スタイルアップの着こなし術

不安なく自分らしくライフスタイルを築きたいあなたへ!

▼もっと深く自分を知りたい。

▼ライフワークを見つけたい。

▼しなやかに無理せずに自分らしく生きたい。

このように考えることはありませんか?

興味がありましたらこちらをお読みください。

不安なく自分らしくライフスタイルを築きたいあなたへ!
社会に出て様々な経験を積んではみたけど、自分のやりたかったことってホントは何なんだろう?

▼もっと深く自分を知りたい。
▼ライフワークを見つけたい。
▼しなやかに無理せずに自分らしく生きたい。

忙しい日々の暮らしで フッ と…

50代は心身ともに何かと変化の多い時期です。

体型が変わり、似合う服も年齢を重ねるとともに変わっていきます。

似合うと思っていたカジュアル服な服が似合わなくなったりし、50代のファッションは意外と難しい、と感じている方も多いかもしれませんね。

そこでここでは、50代が着てはいけない服や、服を選ぶ際気をつけるべき点について考えていきたいと思います。

 

50代が着てはいけない服とは?

ここでは、具体的な例を挙げて50代が着てはいけない服について見ていきたいと思います。

 

①体にフィットしたカーディガン

体にピタッとフィットしたタイプのカーディガンは、二の腕や腰まわりなど気になるところが意外と目立ってしまいます。

体型が変化しはじめた50代の方は避けたほうがよいでしょう。

代わりにボタンなしで腰くらいまでの長さの羽織るガウンタイプのカーディガンなら、抜け感も出て縦のラインが強調されるので、スタイルアップして見えるのでおすすめです。

 

②カーゴパンツ

太ももに目線がいきやすいカーゴパンツは、カジュアル感が高くアラフィフが着ると若作りな印象になってしまいます。

カジュアルなパンツを選びたい方は、とろみ素材ですっきりとしたシルエットのジョガーパンツがおすすめです。

ほどよくきちんと感があるので、上品な印象をキープできます。

色はチャコールグレー、ネイビー、ストライプなどを選ぶとよいでしょう。

 

③ダメージデニム

お尻から脚にかけてのシルエットがはっきりと出るデニムは本来ならば避けたい服装ですが、特に切りっぱなしや穴の開いたダメージジーンズは、50代女性が履くと品のない印象を与えてしまいます。

脚のラインが出すぎるスキニーや、逆にワイドすぎるデニムもNGです。

50代のデニムはハイウエストぎみの細身ストレートのノンウォッシュかワンウォッシュを選んで上品な着こなしを意識してくださいね。

 

⑤ デニムワンピース

アラフィフが失敗しがちなのがデニムワンピースです。
意外かもしれませんが、面積が広い分デニムのカジュアルな素材感が悪目立ちし、かえって老けた印象を与えてしまいます。 

また、デニムワンピの下にレギンスなどを履くのもよくありません。

着こなし方やデザインにもよりますが、以前によく着ていた服でも、年齢を重ねることで似合わなくなることもありますので注意しましょう。

 

⑤キャラクター服

あまり可愛すぎないキャラクターでも、50代の方が着ると抜け感よりも違和感が目立ちます。

可愛いので気持ちはわかりますが、できれば避けた方が無難です。

 

⑥迷彩柄パンツ

以前は、Gジャンや白トップスにあわせて着こなすのが流行っていた迷彩柄パンツですが、エレガントさが必要な50代にとって迷彩柄はミスマッチであると言えます。

パンツの他、迷彩柄のジャケットやシャツ、ブルゾンなどNGです。

 

50代の服選びのポイントとは?

以下では、50代の方が服を選ぶ際に気をつけるべきポイントについて述べていきたいと思います。

①ファッションは清潔感が大切!

カジュアルな服装であっても、常に清潔感のある服装を心がけましょう。 

一見ノーマルな地味な色の服でも、質が良いものを身に着けているとやはりきれいで上品に見えます。

また何年も着ているお気に入りの服でも、きちんと手入れをしていればそれを着たときの雰囲気は違ってきますよ。

 

②自分の気分が上がる服を選ぶ

服を選ぶ際には、その服を着た自分を想像してみてから選ぶようにしましょう。

自分の気分が上がらない服は、着てもあまりぱっとしません。

たとえセールをしていても、今後着なくなりそうな服なら購入するのはやめた方が良いでしょう。

 

③服を買うときには必ず試着を!

服を着こなすためには、自分の体型に合ったものを選ぶことがとても重要です。

気に入った服を見つけても、試着してみるとイメージが違ったということも少なくありません。

試着をしても、似合わない場合はもちろん断っても大丈夫なので、自分の気が済むまで試着をして似合う服を選んでくださいね。

どんな服が似合うのか分からないなら、店員さんに尋ねてみるのも良いですよ。

 

④靴とバッグは良いものを選ぶ

服はトレンドがあったり、自分の好みが変わることもあるので、そこまでお金をかけたくないという方もいると思います。

「オシャレは足元から」という言葉があるように、靴やバッグで人からの印象がずいぶん変わってきます。

質の良いものは大切に使えば何年も使うことができますし、ベーシックなデザインのものは流行に関係なく長く使うことができます。

また、新しいものを購入する際は、値段だけに左右されずに質の良いものを選ぶと良いですよ。

 

50代になってもおしゃれがしたい!

50代になったら清潔感のある気分が上がる服を選びましょう。

また服を選ぶ際には必ず試着し、靴とバッグは良いものを選ぶとよいですよ。

「年齢を重ねたからこそできるおしゃれ」というものは、若い世代にはやりたくてもできない着こなしになります。

ここを表現するように心がけて洋服選びをしていきましょう。

はっきりと意見を言ってくれるアパレル販売員に聞いてみるのも洋服選びやコーディネートをこなれたものにしてくれると思います。(こうした販売員はなかなか見つかりませんが)

アラフィフになってもおしゃれを楽しみ、毎日を楽しく過ごしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました