夏のレインブーツは暑い?ロング・ショート丈のメリット・デメリットとは?

センスアップ

不安なく自分らしくライフスタイルを築きたいあなたへ!

▼もっと深く自分を知りたい。

▼ライフワークを見つけたい。

▼しなやかに無理せずに自分らしく生きたい。

このように考えることはありませんか?

興味がありましたらこちらをお読みください。

不安なく自分らしくライフスタイルを築きたいあなたへ!
社会に出て様々な経験を積んではみたけど、自分のやりたかったことってホントは何なんだろう?

▼もっと深く自分を知りたい。
▼ライフワークを見つけたい。
▼しなやかに無理せずに自分らしく生きたい。

忙しい日々の暮らしで フッ と…

雨の日の通勤や外出時にパンプスを履いて出掛けると、雨で靴の中がぐしゃぐしゃになり、しかもストッキングや靴下が濡れて気持ち悪かった、という思いをしたことのある方も多いのではかいでしょうか?

そんな時には、レインブーツがおすすめです。

しかもおしゃれな自分好みのデザインのものを選べば、雨の日の憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれますよ。

しかし、特に夏などには暑いこともあり、選ぶ際にロング丈にするかショート丈にするか迷いますよね。

そこでここでは、ロングとショートのレインブーツのそれぞれのメリットやデメリット、また収納スペースによるレインブーツ選び方のポイントなどについて見ていきたいと思います。

 

ロング丈のレインブーツのメリット・デメリットとは?

①ロング丈のレインブーツのメリットとは?

ロング丈のレインブーツのメリットといえば、高さがあるのでとにかく濡れないことと、雨に対する防御力高いことですよね。

特に台風の時のような激しい雨の際や、車の水などが跳ねた際にももカッチリガードしてくれます。

また、レインブーツは冬でも便利で、他の靴に比べて雪の上でもどんどん歩けるので良いですよ。

 

②ロング丈のレインブーツのデメリットとは?

ロング丈のレインブーツはさすがに夏には暑く、蒸れることがデメリットであると言えます。

特に、出かける時は雨が降ってたからレインブーツ履いて出たけれど、その後晴れてしまった、という時には大変です。

また飲み会のある日なども脱げば蒸れて匂いが気になるし、履いていれば暑くなってしまいますよね。

特に蒸れた湿気により、足がむくんで脱げなくなることもあり大変です。

また、硬めの素材のレインブーツは折りたたんで保管ができないので、保存場所に困るのもデメリットであると言えるかもしれませんね。

 

ショート丈のレインブーツのメリット・デメリットとは?

①ショート丈のレインブーツのメリットは?

ショート丈のレインブーツのメリットは蒸れにくく、場所をとらない点であると言えます。

また丈が短いため、脱ぎ着しやすいのも良いですね。

さらにファッションについても、ショート丈の方がコーデしやすくなっています。

特にサイドゴアタイプのショートブーツは、靴から少し見える靴下が可愛くて、コーデ考えるが楽しくなってきますよ。

 

②ショート丈のレインブーツのデメリットとは?

やはりロングに比べて、雨に弱いのがデメリットとして挙げられます。

特に台風のように雨がひどい時には、ショートのレインブーツで出かけたらブーツ内まで浸水してびしょびしょになる、ということがあります。

また、その後も乾かすのが大変で、新聞紙を詰めて湿ったら取り替えてを繰り返しかわかさなければならないので手間がかかります。

 

収納スペースによるレインブーツの選び方のポイントとは?

収納スペースがあまりなく、最小限におさえたい方という方には、ショート丈か折りたたみ式のロングブーツがおすすめです。

また、ショート丈であればサイドゴアタイプがおすすめです。サイドのゴムが伸びて着脱がしやすくて便利ですよ。

折りたたみ式のロングブーツでは、日本野鳥の会のバードウォッチング長靴が特に有名です。

折りたためるので車に積んでおくこともでき、急な雨にも対応できます。

履き心地も柔らかく、着脱もしやすくのでひとつ持っておくとよいかもしれませんね。

一方収納スペースに余裕がある方は、ロングもしくはロングとショートの両方持っていても便利ですよ。

ネット通販などを利用すれば、1足3000円ぐらいで購入することができますよ。

わたしも通販で購入したレインブーツをもう2年も履いていますが、今でも問題なく使っています。

今、プチプラなんて言われて、価格が安くコスパも高いアイテムは人気ですので、気に入ったものは値段に関わらず大切にしますので、その分持ちが良いのかもしれませんね。

 

レインブーツのサイズの選び方は?

レインブーツはゴム製なので、革のブーツと違って素材が伸びません。

ですからパンプスのようにピッタリのサイズではなく、少しゆとりのあるサイズを選ぶのがベストです。

だいたい0.5cmぐらい大きめのブーツを選ぶと、厚手の靴下の際にも履けるので良いですよ。

それとふくらはぎのところの「ゆとり」です。

この「ゆとり」がないと履いたり脱いだりするときに、大変な思いをすることがあります。

以前に、どうしても脱げない友人がいて二人係で押さえつけて脱がせたことがあります。

という事は、この「ゆとり」があるものを選んで履かないと、雨の日にレインブーツを履いていって、家に帰って脱げない・・・なんてことになりかねませんから!

 

まとめ

今回はロングとショートのレインブーツのそれぞれのメリットやデメリット、また収納スペースによるレインブーツ選び方のポイントなどについて見てきました。 

雨の日には大変役立つアイテムですが、毎日履くものでもないので、価格の安いものをいくつか購入して色で遊ぶ。なんて考え方を取り入れると、コーディネートが楽しくなりますよ。  

ぜひレインブーツをうまく活用して、憂うつな雨の日を素敵日に変えてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました