ウエストゴムのスカートにTシャツをインした時のやり方や位置を紹介!

スタイルアップの着こなし術

不安なく自分らしくライフスタイルを築きたいあなたへ!

▼もっと深く自分を知りたい。

▼ライフワークを見つけたい。

▼しなやかに無理せずに自分らしく生きたい。

このように考えることはありませんか?

興味がありましたらこちらをお読みください。

不安なく自分らしくライフスタイルを築きたいあなたへ!
社会に出て様々な経験を積んではみたけど、自分のやりたかったことってホントは何なんだろう?

▼もっと深く自分を知りたい。
▼ライフワークを見つけたい。
▼しなやかに無理せずに自分らしく生きたい。

忙しい日々の暮らしで フッ と…

ウエストがゴムになっているスカートは当たり前のように販売されているので、スカートをはく人は1枚は持っているアイテムですよね。

ここ数年のトレンドでトップスをボトムスにインする着こなしが人気なので「私も上手にインしてみたい!」そう考えている方も多いです。

しかし、いざ試してみると「太って見える」「これでいいのか?」と悩んでしまって・・・という質問は後を絶ちません!

今回はそんな「Tシャツをきれいにinする方法」にお答えしてみたいと思います。

 

ウエストがゴムのスカートにトップスをインするやり方!位置にも気をつけて!

Tシャツをボトムにインする場合、まずはトップスを着て、その後にボトムスをかぶせるようにスカートをはきます。

その時に、きれいにズボっとトップスが入っているようにしましょう。

その後に

・両手で万歳をします。

・挙げた両手を下げます。

これだけで自然なインがされています。

 

難しいと考えられがちな「ブラウジング」が万歳することで勝手にできてしまいます。

 

こうしたやり方なら、トイレに行くときや、くずれてきたな~!と感じてもいつでも直すことができますよ。(急に街中で万歳するとビックリされてしまうので臨機応変に)

 

そして、ウエストがゴムの場合に気になるのがゴム部のたるんだ生地のもっさり感ですよね。

 

ここは使っている生地の分量などにもよるのですが、生地のもっさり具合の解消方法として

・両手の親指と人差し指でゴム部を表側、裏側をつまみます。

・つまんだゴム部の生地をウエストの両サイドにずらすイメージで持っていきます。

・ウエストの後ろ、背中・腰側も同じようにサイドに持っていきます。

・持っていきサイドにたまった生地を少しだけ自然になるように戻します。

 

そして仕上げには「ウエスト位置を少し下げる」という流れになります。

 

そのやり方はこちらの記事で紹介しています。

知っているだけで、きれいでスタイルが良く見える着こなしができますよ。

腰の位置が高くウエストがくびれて見えるボトムの履き方のコツとは?

 

そもそもトップスをインするのって意味あるの?

トップスをインするのって意味があるのかな~?というとあるんです。

 

文章で説明するのは難しいのですが

1、ウエストの位置を高く見せる。

2、ウエストを細く見せる。

3、トレンドだから。

という事になるでしょうかね。

 

「こうした要素はいらないよ!!」

という方であればみんながやっているから、人気の着こなしだから、とチャレンジする必要はありません。

 

そうであれば、ベルトというアイテムで同じ効果が得られるので、個人的にはベルトの有効活用のほうがすてきだと思います。

 

ウエストゴムでもできる!ベルトの上手な使い方

ウエストがゴムのスカートでもベルトは有効に使えます。

 

というか、かえっておしゃれに見えるはずです。

そのやり方は

・スカートは少し下げてはく。

・下げたスカートのウエスト部分にベルトをまく。

 

トップスのインに関しては、先ほどのやり方をしてもいいし、インせずにベルトで同じように「ブラウジング」してもいいですね。

 

ベルトをチョイ足しアイテムとして利用する理由は

・オシャレに見える

・ウエストに自信がない方にはおすすめ

という事になります。

 

少し難易度が上がるベルトの小物使いですが、一度覚えてしまえば、流行もないしカッコいいコーディネートができるようになりますよ。

 

やり方をマスターする一番いい方法は「おしゃれそうなショップ店員にやり方を聞いてみる」というのが簡単でいいですね。

 

相手は仕事なので丁寧に教えてくれるはずです。

 

それがいい接客だったら何か購入すればいいですしね。

 

さいごに

ゴムのスカートにTシャツをインするやり方は

・両手で万歳をします。

・挙げた両手を下げます。

という事でこなれた着こなし感が出るはずです。

 

素材的にもTシャツはコットンが多いですし、カジュアルな着こなしになると思いますので「自然なこなれ感」は大切な要素です。

 

こうでなければいけない!

という概念もあまり気にしないほうがカジュアルなおしゃれは楽しめますからね。

 

また、今回はウエストがゴムのスカートにTシャツをインする。

という前提でお伝えしています。

 

素材的にはコットンが中心のお話です。

 

レーヨンやポリエステルのトップスでもこなれたインを表現するのは同じですが、滑りやすい素材なので、こうした素材の時にはより気をつけて直す。という事で対応できるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました