アパレル販売員がスタッフ・人間関係に悩んだ時に考えたい事は?

接客のスキルアップ

不安なく自分らしくライフスタイルを築きたいあなたへ!

▼もっと深く自分を知りたい。

▼ライフワークを見つけたい。

▼しなやかに無理せずに自分らしく生きたい。

このように考えることはありませんか?

興味がありましたらこちらをお読みください。

不安なく自分らしくライフスタイルを築きたいあなたへ!
社会に出て様々な経験を積んではみたけど、自分のやりたかったことってホントは何なんだろう?

▼もっと深く自分を知りたい。
▼ライフワークを見つけたい。
▼しなやかに無理せずに自分らしく生きたい。

忙しい日々の暮らしで フッ と…

アパレルだけでなく、複数の人間がいる職場は人間関係が難しいです。

ストレスで悩んでしまい仕事を辞めたい!なんて考えてしまうこともあると思います。

こうした人間関係で悩んだ時に考えてほしい。

今回はそうしたアドバイスを書いてみたいと思います。

 

アパレルスタッフが人間関係で悩んだ時に考えてほしいことは?

アパレルスタッフが人間関係で悩んだ時に考えてほしいことは、売り上げを時間で考えるというものです。

 

少し脱線しているように感じると思いますが、読んでほしいです。

 

それは、あなたのお店の売り上げ月に目標が300万円だったとします。

その場合は日割り換算して毎日の目標を立てますよね。

 

1日10万円の目標です。

 

そして、あなたのお店の客単価はいくらですか?

 

路面店であれば2~10万円くらい。

インショップであれば1~2万円くらいでしょうか?

 

路面店での例でお話していきますが、客単価が2万円だったとします。

 

1日にスタッフは2名。

 

毎日の売り上げ目標の10万円にはお客さんは5人。

客単価が2万円ですからこうした計算になりますね。

 

スタッフは2人いますから一人のスタッフは2.5人接客することになります。

 

あなたの接客って時間にすると一人頭どのくらいかかりますか?

 

よほど話し好きのお客さんでなければ1時間程度ではないですか?

 

という事はお客さんと話している時間、せゅきゃくしている時間は2.5時間しかありません。

 

休憩が1.5時間あるとすると毎日の拘束時間はい8時間くらいはあると思います。

 

これを引いてみると

接客時間2.5-休憩時間1.5

他のスタッフも同じで

接客時間2.5-休憩時間1.5

 

とすると、お互いに何もしていない時間は全くない計算になります。

 

しかし、実際には・・・

 

売れない日は0円

なんてこともありますよね。

 

他のスタッフの顧客しか来ないなんて日だってあります。

 

そう考えると、あなたとギクシャクしている他のスタッフが何もしていない時間が相当ある計算になります。

 

これが人間関係に悩んでしまう原因の一つと言えます。

 

忙しければそんなこと考えている暇もないはずです。

接客しているわけですから。

何もしていない時間がないわけです。

 

それが暇になると・・・

一緒にいるのも苦痛!!

なんてことになってしまいます。

 

一つ目の解決方法は忙しくする努力をしてみる。

が一番やりやすい人間関係解消方法です。

 

相手にばかり感情を向けるより、なにか忙しくする案を考えてみてはいかがですか?

 

もう一つ考えてほしいのは・・・

そしてもう一つ考えてほしいのが「地球は回っている」という事です。

 

地球の自転の速度ってものすごく早いです。

 

飛行機よりも早く回っています。

 

あなたはこのことを感じますか?

感じない?

 

それはそうです。

 

それでもいいんですよね。回っていることを考えるだけで。。

 

そう考えると私の場合には「これはもしかしたら小さな悩みかもしれない」そう思えるんですよね。

 

さいごに

考え方で何とかしよう!

みたいな本とかは沢山販売されているので、そうしたものを読んでヒントを見つけることも大切かもしれません。

 

しかし、実際に改善できるところまでは中々到達は難しいかもしれません。

 

あなたと著者は性格が違うから。ケースも違えば相手も違うわけですから、なかなか簡単ではないでしょう。

 

今回僕がご紹介した対策も効果があるかは分かりません。

 

実際に沢山の人と一緒に働いてきましたから沢山の人間関係でも悩まされました。

 

辞めるか!辞めてもらうか?

そうしたところまで行ったことだってあります。

 

そうした問題を最終的に解決してくれたのは「地球は回っている」と考える、という事だけでした。

 

ストレスが嫌で職場を辞める。

経験したこともあります。

 

今回のことがあなたのお役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました