起業して失敗するのはこんな人!2つのタイプをご紹介!

経営について

不安なく自分らしくライフスタイルを築きたいあなたへ!

▼もっと深く自分を知りたい。

▼ライフワークを見つけたい。

▼しなやかに無理せずに自分らしく生きたい。

このように考えることはありませんか?

興味がありましたらこちらをお読みください。

不安なく自分らしくライフスタイルを築きたいあなたへ!
社会に出て様々な経験を積んではみたけど、自分のやりたかったことってホントは何なんだろう?

▼もっと深く自分を知りたい。
▼ライフワークを見つけたい。
▼しなやかに無理せずに自分らしく生きたい。

忙しい日々の暮らしで フッ と…

起業する前に知っておきたいのが万が一の失敗についてですね。

自分で仕事を始める前から、こうした心配をするなんて・・・と思うかもしれませんが、もしや?な時を考えておくことは経営者にとって非常に大切な要素なんです。

そして、起業して成功する人もいれば、失敗する人もいます。

確率の問題もあるかもしれませんが今回ご紹介の2タイプの人は起業するのを再度考え直したほうがいいかもしれません。

では、起業して失敗する人はどんなタイプなのか?

その特徴をご紹介していきたいと思います。

 

起業して失敗する人の特徴「芯がない人」

起業して失敗する人の特徴のひとつは芯がない人です。

偉い人や有名な人の話を聞いて、コロコロと考えを変える人は起業しても失敗してしまうでしょう。

多くの人の話を聞いて参考にすることは大切ですが、根本的なものをコロコロと変えていては起業しても成功するのは難しいです。

それは、仕事を立ち上げることの本質の理解が大切。という事を体で理解できないからなんです。

あっちもこっちもと移り気になってしまうのは分かります。

隣の庭はあおいなんていいますからね・・・。

「起業するなら、これしかない!」「私にはこれしかない!」という信念を持って当たるべきでしょう。

 

起業して失敗する人の特徴「実行力がない」

また、実行力がない人も起業で失敗する人の特徴です。

起業を志す人のなかには議論や持論を展開するのが好きな人がいます。

しかし、議論をしたり、持論を述べたりしても事業は安定しません。

本ばかり読んで自分の頭の中だけの机上の空論では物事は進みませんからね・・・

 

事業を成功させるためには、行動を起こす必要があります。

また行動すれば間違えていて恥ずかしい思いをすることもあるかもしれませんし、ミスを起こすこともあります。

しかしそうした行動が間違いを正していく大切なプロセスになっているということも知っておきたいですね。

こうしたことを合わせると「実行力がない人」は起業しても失敗してしまうといえるでしょう。

 

さいごに

起業しても失敗する人は、芯がない人や実行力がない人、他にも計画性がない人や責任感がない人です。

計画性についてはしっかりとしたビジョンを持っていなければ、間違えた方向へ行ってしまいかねませんしいつまでたっても目的地にたどり着くことはないでしょう。

責任感も持っていなければいざという時に踏ん張りがきかず逃げてしまうコことも考えられます。

起業するなら、信念を持って行動することが必要となりますので、責任感を持って起業するようにしましょう。

ただし、目標に対して固執してしまうあまりチャンスが目の前に来た時に逃がしてしまうことも考えられます。

自分のビジネスはこれだから。とかたくなに考えていると、新しいものを吸収するという柔軟性を失いかねませんから・・・。

起業や会社を経営するということは変化に対応するということも非常に大切な要素です。

今回の話は若干矛盾を感じることもあるかと思いますが信念をもって変化に柔軟に対応する、という対応をすることができれば起きた問題のうち大概のことは解決することができるでしょう。

こうしたマイナスイメージのことは目をそむけたくなることもあるかと思います。

しかし、小さな失敗を沢山経験することで考え方も大きくすることもできますから、大局でのミスにならないような自分だけで済むような経験なら失敗しておくことは大切ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました